リゾート会員権について

リゾート会員権の4つの利用方法について

リゾート会員権で利用できる会員制のリゾートクラブは一般的に次のような利用システムになっています。
 
1番目は、タイムシェア制のリゾート会員権です。
この方法はリゾートホテルなどの1室を1週間単位や一定期間に共同所有するのが特徴です。
それぞれ毎年同じ週を指定して利用できる「固定週制」もあります。
反対に毎年、違う週の割り当てがある「変動週制」を取っている場合もあります。
また「フローティング週制」の場合は、利用したい週を、その都度予約します。
 
2番目は、ポイント制のリゾート会員権です。
こちらのシステムの場合は、年間の利用ポイントを購入します。自分が気に入った部屋をポイント利用して使います。
一般的に部屋は先着順になります。曜日・シーズン・施設によって利用に必要なポイントが異なります。
 
3番目は、チケット制のリゾート会員権です。
こちらの場合は、登録した会員に優待利用チケットや無料利用チケットを配布します。
そのチケットで施設を利用するわけです。チケット制ですから会員以外でも利用できるのが特徴となっています。
複数の知り合いの間で利用するならば、こちらがいいでしょう。
 
4番目は、記名カード制のリゾート会員権です。
リゾート会員権を購入した会員には、記名式のメンバーズカードが配布されます。
そのカードを使ってリゾート施設を利用します。ビジターが利用する場合はオーナーの同行が原則になっています。