リゾート会員権について

別荘・リゾートマンション・会員制リゾートのメリットデメリットとは?

別荘は、自分で購入した物件ですから、前もって予約する必要はないですから、いつでも自分の都合で利用できます。
そんなメリットがありますが、不動産になるので固定資産税の支払いがつきまといますし、火災保険や管理費などの費用がかかります。
 
リゾートマンションのメリットは、別荘よりも手軽なお値段で購入できることでしょう。
ワンルームや 1Kなどの部屋タイプもありますし、スキー場の近くや海の近くなど好きなところを選べます。
デメリットは地方にありますから施設が不十分であったりします。インターネットの利用ができないような物件も古いものではありますので注意しましょう。
 
会員制リゾートは、最近人気が集まっているのです。メリットは別荘やリゾートマンションを個人で所有するよりも安い費用で契約できることです。
所属しているリゾートクラブの系列施設も自由に使えるところもメリットになるでしょう。固定資産税などの税金を負担する必要もありません。
 
デメリットは、複数の会員での共有ですから、オンシーズンの予約が難しいことです。
どうしても利用時期が重なるので予約の取りにくさがあります。
またチェックインやチェックアウトの時間制限がありますので、これもデメリットになります。
 
★☆★ まとめ ★☆★
 
いかがでしたでしょうか?
今回はリゾート会員権を理解していただくために、金銭的なメリットや権利の利用形態・契約形態・利用方法についてご紹介しました。
リゾート会員権を提供してくれる会社を選ぶ場合の参考にしてみてください。